いまの流れの怪しい話 ー前編ー

このところ、ますます怪しい(目に見えない)話がたくさんあってですね。
起きる出来事への対応と自分メモをするので精一杯で、こういう記事やブログに書くところまで到達していなかったのですけれども。
(書く、がもう追いつかないから、おしゃべりで伝えられる音声配信やるのもいいかなーと思っているこの頃)

 

そんなわけで、今日は怪しい(目に見えない)話をしよう。笑
そういう話を信じられない、嫌だ、という人は読まないように。笑

 

 

最近一番、自分ですら「どうかと思うわ…」という怪しいネタは、
前世を思い出すことができました!という話です。
しかしこれは、怪しいの度が過ぎているので、曲解が生まれるのも嫌だし、今度どこかで直接お話しできる機会があったらします。

 

 

今日はね、歯科治療をしてきました。
前にもどこかに書いているとおり、わたしは歯医者さん、歯科治療が苦手です。
理由は:怖い、から。
だから、歯医者にはなるべくかかりたくないの。怖いんだもの。音も。麻酔も。抜歯なんてまじ恐怖。

 

しかしこのところ、調子が悪い箇所があったんですね。
「おや?」という変な感じに気がついたのは、2ヶ月くらい前かな?しかし、そういうわけで歯医者は怖いし、「痛くて食べられない」というほどの症状ではないから、見て見ぬふりをしていたの。
見て見ぬふり、ができる程度の異変(痛みは無し)だったんです。
その程度、だけれども、しかしそちら側で噛むのはなんとなく気になる、という、「きになる」がつきまとう状態だったの。

 

で、最近マレーシアの生活をしていて(今は日本にいます)、
むこうにいる間に、疲れがまるっと抜けたり、「エネルギーが変わった!」と実感する時がありました。ちょうど、滞在19日目の朝に「あれ?なんか変わったぞ」という、確実な体感があったの。

 

そしてその日以来、確実に何かが違うんですね。
物事に対する、自分の捉え方や、その前日までずっと「どうしようかな」と考えていたことが気にならなくなったり。
「確実に変わった」それを感じていました。

しかし、何がどうなって、何が変わった、のか具体的なことはわからなかったの。
ただ「何かが違う」それは確実、という感じ。

 

そしてそこから数日経つうちに、
なんだか急に「歯を治そう」って、急に、めちゃくちゃ前向きに思う瞬間が来ました。

 

あんなに嫌なのに。あんなに歯医者が怖いって言っていたのに。本当に行きたがらないのに。
…急に「きれいに治してスッキリしたーい!」とか思い始めました。
そして治療の予約を入れたら、それが本当に本当に楽しみな予定になっちゃったんですよね。もう本当にありえない。歯医者の予約を心待ちにするなんて、まじで初めて。

 

で、治療に行ったんですよ。
そしたら、抜歯しないといけないことになって、「今日やる?後日にする?」と提案されたのだけれど、
なぜか!治療にめちゃくちゃ前向きになっているわたしは「今!やる!やる!」って、その場で「やっちゃって!」という気楽な展開に。…抜歯ですよ?一番やりたくないやつ。
なのに、「早くスッキリしたーい!」という気持ちが100%満ちていたから、(意味不明なほど)前向きに捉えられたんですね。

 

しかし、麻酔も抜歯もさすがに怖い。
痛いこと、も絶対に嫌だ。
涙。



というわけで、どうにか対策しようと思って、
いま自分の中でハマっていて練習している、「自分のエネルギーを増幅する方法」というのと、
あとは万能の宇宙エネルギーにつながる、というのをやることにしたんです。歯科医院のユニットの上で(もうめちゃくちゃ怪しい話ですからね!笑)。

 

そしたら、麻酔も抜歯も「え?いまやってる?」というくらい痛くなく、苦痛なく、終わってしまいました。帰宅して麻酔が切れてからも大丈夫。痛くない。

 

自分のエネルギーと宇宙のエネルギーを使えるって便利!すごーい!

 

で、
「なんでこんなに歯科治療に前向きになったんだろうか?」
を検証してみることにしたのです。治療後で動きたくないし、ゴロゴロしていてヒマだし、ね。

それでね、そもそも、
今回治療した歯って、以前治療したところがいよいよ進行してダメになったからやり直し、みたいな感じなんですね。

 

その以前の治療というのが、
ちょうど2年前、2016年の8月8日にクラウン(歯の被せ物)が外れた、ということを発端に治療した箇所なんです。
8月8日というのは、宇宙の暦的には「クラウンゲート(エネルギーの通り道のようなもの)が開く」とされている日で、その日におやつを食べていたら自分のクラウンが外れて(笑)、
「クラウンゲートが開く日に、自分のクラウンが外れたわ!」って、ギャグのように騒いだやつ。

 

2016年のその時期というのは、
初めて主催するインドツアーに向けて動いていた大詰めのとき。クラウンが外れた約1ヶ月後にインドツアーへ出発しました。
ご参加いただいた方は「自分ごと」だから体験していただいているとおりですけど、あのインドツアーは「行った人の人生の転機になってしまった」旅だったんです。
みんな、あの旅をきっかけに「人生の舵を切った」出来事が起きたんだよね。そんなツアーを主催できたことと引率できたことが、わたしにとっても大きな節目だった。

 

そしてまたね、2016年の8月はプライベートで「神様遊び」と称している、寺社仏閣遊びが始まったときなんです。
8月末頃のある日、急な予定変更で「じゃあ成田山でも寄ろうか」というかるーいノリからお詣り遊びを始めたら、どハマりしてしまって、それからあちらこちらに足を運ぶことになったの。
様々な寺社仏閣に行くうちに、いろいろなことが起きるようになった。

 

そして、
「ノートを書く」
「お詣りをする」
「お願いをする」
「ウソをつかない」
「エネルギーを滞らせない」
という、実際に現実でできる行為を重ねると、望む現実が創れるんだよ!ということがわかって、
いまそれを実践、実証しているんだけど、

今年はこのとおり、
「こんな仕事がしたい」
「こんな暮らしがしたい」
「暖かいところで暮らしたい」
「こんな家がいいな」
が叶って(現実化して)います。

 

しかし、こういう「現実を創る」をできるようになったきっかけ、事の起こりは、
2016年の8月にあったんです。
あの頃から「この流れ」が始まった。

 

そして約2年経って、「この流れ」がひと段落した実感があったんです。
それがこの前、マレーシア滞在中に感じた「何か変わった」という実感。
ここまでの2年間の流れが、あの日に「変わって」、
そして新しい流れや人生、次のステージが始める感じがあったんです。

実際に、インドツアーで人生の舵を切ったみなさんが、2年間の変化の過程を経て、その変化の「結果」がひとつ形になっている現実もあるの。
ひとのプライバシーに関わる事だから詳細は控えるけれど、引越ししたり仕事が形になったり、「2年の変化の流れの時期を抜けて、形になる」が起きている。

 

変化→形になる(一旦完成)→また次のステージ→変化→形になる

 

人生ってこれが永遠に繰り返されてゆくものだと思っているのだけれど、
その「形になる(一旦完成)。次のステージが始まるよ」が起きてるなう、いまの時期。

 

ちなみに、あのときインドへ一緒に行っていない人の中にも、
「いまって次のステージが始まるときなんだ!」というタイミングの人も多いんじゃないかな?

 

 

 

ちょっとまだまだ書くことがあって長くなりそうだから、
次の記事に続きますね。

 

 

つづく…..!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です