いまやる!の効果

今年の年始に決めたことがあって、それは、
「いまやる!」
ということ。

今年はとにかく、思ったこと閃いたことは「いま!」行動する、と決めました。

 

たまに、そんなことを決意したのを忘れてしまう時もあるけれど、
「あ!また忘れてた!」とリマインドするたびに反省して、
そしてなるべく「いま!」を思い出して実行するようにしてる。

 

誰かと「今度食事でもいきましょうねー」なんて話をしたら、その次にはすぐに「いつにする?」を返信する。
「今度あそこに行ってみよう」という場所が思いついてしまったら、いま!行く。さすがにいつも暇なわけではないから、いますぐ行く!が常に適用できるわけではないけれど、「じゃあいつ行く」というのをできる限り近い日取りで決めちゃう。

今度、というのを、永遠に来ないかもしれないいつか、にしないの。
相手も自分も都合があるから、なんでも「今日!いますぐ!」実現できるわけではないけれど、
その場合は「ではいつ実現する?」という具体的な日取りを「すぐに」決めてしまう、ということですね。
実現するように、その方向へ向かうために、すぐ!動く!ということ。

 

年始にそう決めて、年明けから数日経ったある日の朝。
だいすきな写真家さんとひさしぶりにメッセージのやりとりをすることがありました。年始だからね、「今年もよろしく」的なやつ。
そのときに、ずっと言っている撮影もやりましょうねーという話になったから、
すぐに!「この日とこの日は予定空きます」というお返事をしました。
そしていただいたお返事が「その日はだめだけれど、今日は大丈夫です」と。

さすがに「えええー今日?」と一瞬怯みつつ(だって撮影するなら美容院行ったりアーサナ練習したり色々準備したいし…という言い訳があったから)、
『今年は、いますぐ!って決めたじゃん、わたし』と自らリマインドして、「今日やりましょう」とということに決めました。

そうして実現した撮影は、とてもとても楽しくて出来た作品もうれしいものばかりでした。
それもこれも、いまやる!いま動く!で実現したこと。

 

この他にも日常的に色々あって。

 

ある美術館でやっている展示を観に行きたくなっちゃって、
その日は来客があって外出出来ないし、翌日は休館日だから、明後日に行こう!と決めたら、
その日にいらしたお客様がなんと!その展示からの帰り道でうちに寄ってくれた、と判明して、話が弾んだり。

 

青山を素通りしたあとで「やっぱりリンツのチョコレートドリンクが飲みたい!」と思っちゃったから(リンツの路面店は青山と銀座にあります)、そのまま銀座のリンツに向かったら、
イベント中でくじひきが引けて、しかも1等が当たったり。

 

デスクワークをしていたのに、「なんだかどうしても根津神社に行きたい」と思いついちゃったから、
すぐに出かける準備をして向かったら、
いまの時期だけ、しかも一日2回20分間だけ可能な昇殿参拝の時間ぴったりに到着して、昇殿させていただくことができたり。

 

 

いますぐ!に決める、動く、ということをしていると、
望んだことはなぜだか叶うし、
自分のとってうれしいように、都合の良いように、ちゃんと事が運ぶのです。

 

これを実践するにあたって。
「今度食事しましょうねー」なんて言ってしまったら、次の展開では「いつにする?」まですぐに運んでしまうから、
気のない誘いや社交辞令的なものは、そもそも言えなくなります。
だって、社交辞令で言ってしまったことも「いつにする?」という話の段階まで展開したら、行かないといけなくなっちゃうもん。本当は行きたくないのに「今度ねー」なんて適当なことを言ったばかりに、行くことになっちゃう。そんなの困っちゃう。

だから、人にお返事することも誘うことも「自分の気持ちとズレがないかな」を、発言する前にあらかじめ、自分の内側で確認することになる。
そしてその作業がまた、とても良いことなのだと思います。

 

そうして、内側を確認する作業を経て、それでも「やりたい!」「行きたい!」と感じたことは、
自分の本質からの「やりたい!」「行きたい!」という意見。
自分の本質はいつも、わたしにとって良いことしか提案してくれないのだから、
本質のご意見を行動にうつしてあげたら、そりゃ良いようにしか運ばないのですよ。

 

自分の本質というのは、魂ともいえるし内側ともいえるし、わたしはわかりやすく「自分さん」と呼んでいます。目に見えないほうのわたし。
行動にうつす、行動する、というのは現実の肉体のほうね。身体のわたし。目に見えるほうのわたし。

 

自分さん(魂、内側、本質、なんでもいいけどとにかく目に見えないほうのわたし)はいつもいつも正解しか提案してくれません。それを、
「あとでね」で実行するよりも、
「オッケー!いまやるよ!」で実行するほうが、
意見を出してくれてる自分の本質だってうれしいじゃん。

 

「おおお!ちゃんと意見聞いてくれるのね!この人、行動はやいな!」という相手には、
信頼もおけるし、また良い提案を投げてあげよう!って思っちゃうよね。通常の人間関係においても。
それを、自分と誰かという他者との人間関係において、ではなくて、
内側の自分さんと外側(肉体)のわたし、という関係性の中でやる、ということ。

 

 

いま!すぐに!動いて動いて、
そうして動いた先にどれほど完璧でうまく出来た世界が展開するのかが見てみたいのです。
だからわたしは引き続き、いま!いま!のスピードと精度をあげてゆきます。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です