人生はゲームです

このまえの日中に、「明日オープンするパン屋さん(A店とします)」の話を聞きました。
そしてその日の夜クラスのとき、日中に話していたそのパン屋さん(A店)のすぐお近くにお住まいの方がいらっしゃいました。お顔を見て「そういえばあのパン屋さん、すごくお近くのはず」とふと日中の話を思い出したんですね。

さっそくこのかたにパン屋さんの話をしてみよう!と思ったのだけれど、まったく別の話題で盛り上がってしまってクラスの前にパン屋さんのお話はできませんでした。

そして90分のクラスに集中していたら、すっかりパンのことは忘れていました。

クラスが終わって一息ついたとき…まさしくこのかたがね、
「あそこにパン屋さん(B店)がありますよね」って、わたしが話そうとしていたパン屋さん(A店)とは違う、けれどもパンの話題を投げかけてくれました!
それで思い出したんですよ。「そう、わたしもパン屋さんの話しようと思っていたんですよ!」って。

ひとつまえの記事でも書いたけどね、これがサインとキーワードですよ。

A店の話を自分はしようとする前に相手がしてくれたミラクル、ではなくて、
わたしはA店の話をするつもりだったけれど、B店という別のお店、だけれども共通の「パン」っていうキーワードがある。

そしてもちろん、A店の話もする運びとなりました。

 

でね、これはサインとキーワードだな!とちゃんとキャッチしたので、もう行動してみるしかありません。
オープン初日にあたる翌日に、A店に行ってみました。最初にその話を教えてくれた母を誘って。
わたしはマイペースだから、ひとと一緒に買い物に行くとか待ち合わせをするということがあまり好きではないのだけれど、この日はなんだか母を誘う気になったのです(この「なんだかその気になる」というのも、これまたサインですよ)。

お店の前で母と待ち合わせをして入店した(ちなみにわたしたちで一旦売り切れになってしまって、私たちの次のお客さんからは「次回の焼き上がりをお待ちください」になっていた。笑 やはりタイミングも抜群に完璧◎)ら、突然母が「あれーなんでここにいるの?!」とか言って店員のきれいなおねえさんと話はじめました(驚!)。
わたしは知らない方だったのでお買い物を終えての帰り道、「あの方はどなた?どこで知り合ったの?」と聞いたら、「あの人はねーB店(!)のスタッフさん」とか言い出しました。
そう、そういえば前日に話題に出たB店は母がわりとよくお買い物しているお店だったんですよ、そんなことすっかり忘れていたけれど。

でね、この日にオープンしたA店とB店はなんと、姉妹店であることが判明しました。笑
だからB店の母の顔なじみのスタッフさんがA店のお手伝いに来てたんだってさ。

 

なんだこれ?っていうくらい繋がっている話でしょう?
前日の「明日オープンのパン屋」という話題から、夜のクラスでの会話、そして翌日の出来事。結果的にわかったA店とB店のつながりまで。

 

サイン→キーワード→行動

 

をちゃんとやると、こんなにスムーズに出来事が展開してゆきます。
パズルのピースをぴったりはめたときのような、達成感と気持ちよさがあるよ。

 

でね、この話はまだ続きがあって、
このとき母が話していたきれいなおねえさんがしていたエプロンが「なんか気になって」いたんですよ。帰り道もなんだっけ?見たことある気がするんだよなー、と思っていました。
で、帰宅してパンと一緒に入っていたフライヤーを見ていたら、「あ!!」と思い出したんです。

このエプロン、友達がプロデュースしているやつだ!!!

そしてこのときまたキャッチしました。「これまたサインだわ」と。
ちょうどこの友人とはずっと、新しい仕事の話をここしばらくずっとしていて、なんなら一緒に物件を見たり…という具体的な行動をしていたのです。けれども、この秋はわたしが外遊が多かったので、すっかり話のペースがスローになっていたんだよね。そしてそういうわけで夏頃から会っていなかったの。
スロー、っていうか、わたしがすっかり忘れていただけですけどね(笑)

で、サインが来たらすぐ行動、ですからとりあえずすぐ電話をかけました。

あいにくお互いのタイミングが合わず、何度かコールバックしあっていてもまだ良いタイミングでお話できていないのだけれど。
これもきっと、ベストなタイミングで次の展開がすすむものだと感じています。こんなにサインとキーワードが出てるんだもん。電話する、話す、という行動の先に、次の展開があるんだよ。そしてまた次のサインとキーワードが待っている。

どんな方向になにが展開するのかはわからないけれど。
なにか完璧な流れに運ばれてゆく。その道はやっぱりゲートオープンしています。

 

サイン→キーワード→行動
そうするとその次にまた、
サイン→キーワードが現れて、またそれに沿って行動するとまた、
サイン→キーワードが現れて…..

もうずっとずっとその繰り返し。それを繰り返してゆくと、勝手に完璧に展開してゆくんだよ。そうなるとだんだんおもしろくなってくる。「ほら当たった!」「案の定こっちだった!」「やっぱり!」っていうパズルをはめるような、課題をクリアするようなおもしろさを日常の生活で感じられるの。

 

人生って、サインとキーワードをひろって行動してゆくゲームですよ。この身を動かして遊ぶリアルRPG。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です